MSystems、Mobigenが 『MWC 2019』 に出展!

MSystems

2019-03-13 8:24 AM

2019-03-13 8:24 AM

 

MSystems、Mobigenが 『MWC 2019』 に出展!

 

株式会社MSystems、Mobigenは、2019年2月25日(月)~2月28日(木)の4日間、バルセロナにて開催された 「Mobile World Congress 2019」に出展致しました。

 

MWCは世界最大のモバイル展示会で、特に今年は5Gの商用化が進む5G元年を迎えて、5Gに関する革新技術及びサービスの応用事例が多数紹介されました。 

 

Mobigenは、韓国 JIRAN SECURITYのグループ会社で、日本事業においては、MSystemsとパートナーシップを締結しています。

 

今回の展示会では、5G時代に必須不可欠なビックデータ ソリューションであるIRISをはじめ、5GやIoTなどのデータを収集・分析するために必要なProbeソリューションを紹介しました。

また、4G/5Gネットワークを効率的に運用するためにIRISをベースにした無線品質分析(MDT)応用事例も合わせて公開しました。

 

IRISは、Mobienが独自開発したビックデータ ソリューションで、この10年間韓国の3大通信事業者、各公共機関、大手企業など多様な業種のお客様から支持されてきました。

 

 

MWCに紹介された最新バージョンのIRISでは、視覚化機能の改善、機械学習/ディープラーニングベースの異常探知、ユーザー定義レポート及びダッシュボード作成、ビックデータを地図上で分析できるマップ ビュー(Map View)など開発エンジニアのサポートなく迅速簡単にビックデータを分析できる機能を多数搭載しています。

 

 

また、MDT(Minimization of Drive Test)は直接測定装備を載せて道路を走る既存DM(Diagnostic Monitor)方式の運用費用負担と過剰なリソース投入問題を解決するカギとして注目されている無線網の品質測定技術です。

携帯の端末に無線網のカバレッジ マップを描くプロトコルを内蔵して、移動通信システムから定期的または特定のイベントが発生した時に収集したデータを通じて無線網の品質を測定するソリューションです。

 

 
 
左から Lubna 氏、Mobigen 代表取締役社長 金 泰洙 氏、海外営業企画チーム長 秦 相鉉 氏

 

Mobigen 代表取締役社長 金 泰洙 氏は、“今回の展示会で公開したIRISビックデータ ソリューションをベースにした応用事例は、この10年間蓄積してきたビックデータ高速処理技術が多様な分野で活用できることを見せた一つの事例になったと思います。今後もビックデータ、通信ネットワーク構築・運用分野の進んだ技術力と幅広い経験を基に多様な分野のパートナーと連携して、グローバル ビックデータ市場のパイオニア企業として成長していきたい。”と抱負を語りました。