IRIS 知能型 分析ツール

IRIS Analyzer

 

製品概要


IRIS Analyzerは、IRIS Enterprise DB(以下IRIS DB)に保存された各種データを特定のキーワードで検索したり、統計を分析できる環境を提供します。

ユーザーは、システムの異常探知、セキュリティモニタリング、顧客のパターン分析などの多様な機能をIRIS Analyzerを通じて迅速・簡単に活用できるように設計されています。
 

IRIS Analyzer アーキテクチャ


従来は、データを抽出しフォーマットを変更するなど付随業務が多く、プラットフォーム適用の限界がありデータサイエンティストが使い慣れているオープンソース分析ツールを活用することは困難でした。そこで、IRIS Analyzerはこのような問題点を解決するために“エンドツーエンド”型に最適化された環境を構築しました。
 

 

 

IRIS Analyzer 分析プロセス

 

 
 

特長


・異常探知(Anomaly Detection)ベースの高性能分析エンジン搭載して分析を迅速/簡単に!
・RAWデータのサマリー用SQL及び全文検索のサポート、データ分析のためのサンプリング
・データ検索後の統計及びチャートを通じて異常な状況を直観的に分析可能
・データサイエンティストが開発エンジニアのサポートなしで、直接データをブラウジングしてインサイトを得られる
・オープンソースツールと連携し、分析後の全数データに適用するプロセスの簡素化

 

 

異常探知


IRIS Analyzerのデータブラウザ検索画面にて、特定カラムに対する ‘異常探知‘ 機能を即時実行

 

上図のように、該当コラムから最低限の段階でユーザーが迅速・簡単に異常値を把握することができます。
一番右の図(Heatmapチャート)に表示されたスコープを通じて、異常値の発生可否や分布を一目で確認でき、分析結果を直観的に認識可能です。

 

 

優れた視覚化機能

 

視覚化分析ツールは、分析しようとするデータの各コラムをGUI画面でユーザーが指定したフィルターを組み合わせて視覚化することにより、分析結果を簡単に理解でき、より素早い意思決定ができるインサイトを提供します。

 

 

 

多数の分析シナリオに合わせて、優れた視覚化機能が備えられています。

 

 

対話型分析

 

Zeppelin, Jupyter, R-Studioなど 各種オープンソース分析ツールが用意されていますので、
データサイエンティストが使い慣れたツールをそのまま使うことができます。

 

 

 

データモデル機能

 

IRISで管理するデータセットから特定コラムのみ選択し、コラムのタイプを変更するなどの作業により、
自分に必要な形態からデータモデルを作成することができます。
ユーザーの目的に合わせて一つのデータセットから複数のデータモデルを作ることも可能です。

 

 

 

効果

 

・ 分析業務の生産性増加

・ 統合データ分析ツールの提供

・ 業務中心の直観的UI構成

・ データ共有の自由度が高い

 

 

・ セルフサービスの分析環境を提供

・ 開発エンジニアのサポートが不要

・ ビックデータ レイクに直接的にアクセス可能

・ データ探索を簡単にできる

 

 

・ TCO削減

・ 開発業務の最小化

・ 分析業務所要時間の画期的な短縮

・ 維持管理費の節減